活動再開のおしらせ

座長色羽紫よりご挨拶

ご支援くださる皆様へ
「サルメ別座敷〜トーキョー日帰りレビュー〜」スタートのお知らせ

2015年12月に活動休止を致しました「お座敷レビュー」ですが、皆様の応援の声に背中を押され、この度“別座敷”という名称で、活動を再開する運びとなりました。

「別」ってなに?今までとは何が違うの?
簡単に申し上げれば10年間活動して参りました“お座敷レビュー”を「本」と致しましての「別」
たとえば大型ホテルには「本館」の他に「別館」が
たとえばご家族によっては「本宅」の他に「別荘」が
たとえば人気雑誌には「本誌」の他に「別冊」が

あくまで心には「本」であるお座敷レビューを核に据えつつ、「本」では出来なかった冒険や、やりきれなかった挑戦を、この「別」に託し、アグレッシブな作品作りを引き続き披露して参りたいと思っております。

あえて固定メンバーにはこだわらず、出せる時に、出したいものを、出せる量だけ。
“料理長の気まぐれメニュー”のごとく、その時、そのタイミングを大事にしながら、責任者たる座長が自信を持って「面白い」と思えるものをご提供して参りますので、引き続きご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

また、この「別座敷」には“日帰りレビュー”というサブタイトルをつけております。
人生は旅。
どなた様にとっても、長い長い旅。
時に困難な長い旅の途中、たまには寄り道して、気楽な気晴らし、憂さ晴らしをして頂きたい。そんな思いを“日帰りレビュー”というサブタイトルに込めた次第でございます。
どうぞ日帰り遠足の気軽さで、心はTシャツ、スニーカーの軽装で、あらたな「別座敷」に遊びにいらして下さいませ。
引き続き、座長女将、色羽紫、三つ指ついて皆様のお越しをお待ち申し上げております。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

サルメのトーキョー日帰りレビュー
〜夏季限定!火気厳禁!真夏の別座敷2017〜

2015年に活動を休止したレビューカンパニーサルメがこの夏「お座敷レビュー」を「別座敷」と名称をあらたに活動を再開!
観客を巻き込んでの“参加型パフォーマンス”のスタイルはそのままに、毎度バカバカしいお座敷ワールドを、よりエネルギッシュに進化させてご提供致します。個性派揃いのキャストによる新装開店第一弾は、歌に、芝居に、踊りあり。たまに訳あり、不安あり‥? しかし価値あり、笑いあり!足を運んで後悔なし!!

【公演日程】2017年8月5日(土)6日(日
【会場】パフォーミングギャラリー&カフェ絵空箱
(有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)

※公演時間、出演者等詳細に関しましては近日中に改めてお知らせ致します

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

【熊本・東日本大震災募金のご報告】

ご協力どうもありがとうございました

今回の募金額 11,000円
(2011年からの総額157,383円)
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

久々の投稿、久々のシベリヤ

image.jpg
ご無沙汰でございます。
すっかり季節は秋から冬へ。
あっという間に今年も残り1か月となりました。

連日寒い日が続いていますが、あたたかいコーヒーか恋しくなる毎日。
そして、コーヒーのお供、甘いものも常備したくなる毎日でございます。

という事で、街を歩くとちょっとした甘いものをチラチラとチェックしてしまう訳ですが、先日谷中のパン屋さんで、こんなものが。

ご存知ですか?
シベリヤ、というのですよね、これ。
昔ながらのパン屋さんには、よくこれが置いてあった記憶があります。

今はオサレな…フランスパンを“バケット”と呼んじゃうようなパン屋さんばかりが街に増え、地元のご夫婦が営んでいるようなパン屋さんは、だいぶ少なくなってしまいました。
なので、こういう“当たり前”にあったものに対する懐かしさが溢れ出します。

しかし、今更ながら…なぜシベリヤ?
これのどこらへんが?

インパクトのある名前ながら、由来を聞いた事がなかったので調べてみました。
すると、大体こんなところのよう。

《見た目が雪原を走る鉄道のようだから》
《ロシアの人が経営していた喫茶店の人気メニューだった》

なるほど。どちらもありそうです。
しかし、私は後者なんじゃないかなと勝手に妄想を膨らませています。
その喫茶店は大正頃に小樽にあって、ロシアの方はロシア革命で逃げてきた方だった、という細かい話まで残っているからです。

きっと、真ん中に挟んだあんこは、日本でアレンジされたものでしょうが、ロシアの方の故郷に、きっとスポンジで挟んだ甘いお菓子があったのではないでしょうか。
そう考えると、なんだか益々深い味わいのシベリヤ。

パン屋のお母さんと立ち話をしましたら、このシベリヤは、見た目はシンプルなれど、羊羹から作らなくてはいけないので、かなり手間がかかるのだそう。
「だから最近はどこもやらなくなっちゃったわね〜」
と。

そんな大変な手間だったとは。
益々、貴重なシベリヤ。
なんとか細々とでもなくならないように…そう祈るばかりです。
- | permalink | comments(0) | - | - | - |

玄関先に秋

2016-11-07 16-49-51.jpg
先日、親戚をたずねて岩手の小岩井農場のあたりまで行ってきました。

素晴らしい紅葉で、すっかり秋を満喫。
道中、度々どんぐりを拾ったり、落ちた紅葉を拾ってモタモタ、フラフラしていた私の姿を見て、最後の日に叔父が、家のまわりに落ちているたくさんの木や木の実をお土産にもたせてくれました。
聞けば、早朝、私が起きる前に拾い集めてくれたんだそうです。
優しい…(涙)

「こんなものどうするの?」
と聞かれたので、
「部屋に飾るのー」
と答えたら、
「へぇー」
と、全くピンとこない顔をしていたので、こんな風に飾ってます、という写真を撮って、叔父に後日知らせた次第です。

ちなみに、真ん中にいる2匹のフクロウは、軽井沢で買ったもの。
先に大きい子を買ったのですが、なんだか1羽では淋しそうだったので、翌年同じお店にお嫁さんを買いに行きました。
今はこのように、仲睦まじく寄り添っております。

名前は、フクスケとおふくちゃん。

しかし、2羽のまわりにいきなりあきの森が出現して、いささかビビっているようにも見えました(笑)

でも…飾って数日したら、なんとなくドングリの数が減った気がするのですよね…
食べたのか。
フクスケ、ふくちゃん!


- | permalink | comments(0) | - | - | - |

2017年新年会のご案内

2017年活動皮切りは新年会から!

 

景気上昇!人情濃厚!
おそらく極寒☆おそれず開運☆

2017座長とおさんぽ新年会
〜築地下町開運スポット巡り〜

 

○1月29日 日曜日 13:30頃スタート○

 

サルメの活動の基盤となった築地エリアを座長のガイドでスポット巡り

北風を吹き飛ばす熱いトークで笑門来福間違いナシ!

もちろん宴会付き!
皆さまのご参加お待ちしております

 

○12月中に改めて詳細のご案内、申込受付をさせていただきます○

- | permalink | comments(0) | - | - | - |

座長、南国へ

2016-10-26 10-56-05.jpg
遅い夏休み。
久々に沖縄に旅行に行ってきました

夏と再会。夏とハイタッチ。
こう見えて夏大好き人間なので、那覇空港に降り立った時の蒸し暑さに、なんとも言えない喜びを感じた次第です。

何年ぶりでしょう。
前回は沖縄唯一の電車“ゆいれーる”を建設中でしたから、軽く10年前である事は間違いありません。

変わらぬ青い空と透き通る海。
蒸し暑さの中で食べると、なんだかやたら美味しいソーキそば。
帰りたくなくなる、ゆるっと美しい時間でした。

ちなみにここは“美ら海水族館”の敷地内にある砂浜です。
みんな水族館に夢中なので、浜にはほとんど人影がなくてオススメです。
人影がないのをいい事に、年甲斐もなくはしゃぎまくっている図、でございます。
Instagramと同じ写真で申し訳ありませんが、でも我ながら嬉しさ200%の良い写真と、これを選ばせて頂きました。

しかし、どうでもよい話ですが、沖縄の人ってみんな車の運転がやたらとうまい…

なんせ沖縄は電車のない場所です。
バスだって住民の足になっているとは言えない本数。それはもう、車がなければ何にも出来ない事でしょう。生活に直結しますよね。

ダイビングショップのお若いお姉さんが車で送迎してくれたのですが、呆気に取られる程の運転の上手さで、びっくりでした。。
車庫入れなんて、迷いもなく一発、数秒でしたから(笑)
沖縄の方にとっては、車は手足なんだと、まざまざと見せつけられた瞬間でした。

さよなら沖縄。美ら海よ。
石垣よ。三線の音よ。難しい地名よ。
この美しい景色の思い出が薄れぬ内に、またすぐにハイタッチを!!



- | permalink | comments(0) | - | - | - |

最近

image.jpg
たいへんご無沙汰しております。汗
Q、げんきに秋を楽しんでおります!

最近(半年位前から)、キリンに囲われておりまして…苦笑

ご当地ビールで何県旅したことか!?

10月12日佐賀バージョン発売☆
佐賀にてイカシュウマイと共に美味しくいただきました(*´&#32594;`*)ニヒヒ&#9825;
- | permalink | comments(0) | - | - | - |

秋といえば、のコスモドリア

2016-10-11 12-39-24.jpg
ランチタイムに出遅れまして、いつも行くお店がみんな満杯…
まさかのランチ難民…という事で、久々にロイヤルホストなんかに入ってしまいました。
3年ぶり?4年ぶりくらいでしょうか。

メニューを開いて、蘇りました、蘇りました!
そうだ…ロイホと言えば、大好きメニューがあったんだった!

それがこの“コスモドリア”です。
美味しいのです、これ〜〜
具のチョイスが絶妙なんですよね。

エビ、鶏肉、玉ねぎ、マッシュルーム、そして…栗!!

コスモドリアにハマった人は、おそらく=栗にハマったのだと言っても過言ではないと思います。
ドリアに栗って、なかなか考えつかない…
でも、ホクホクの栗が甘くて、チーズととてもよく合い美味しいのです!

久々に食べましたが、やっぱり美味しかった〜
夏場はドリアなんて罰ゲーム以外考えられないランチメニューですが、今日は肌寒い日。秋を感じるにはうってつけのメニューでした。

ちなみに名前の“コスモ”ですが、コスモポリタンでおなじみ、“世界中の”“世界の中の”みたいな意味だそう。
面白い具材を色々な場所から集めて詰め込みましたよ!という意味なんでしょうね。
まさか、聖闘士星矢から取った訳ではなかろうと思います…(笑)

先ほどネット検索して、このコスモドリアのファンがたくさんいるという事に軽い衝撃を受けました。
うん。美味しいもんな。
変わりまくる歴代メニューの中、おそらくこれは初期から愛されている伝統メニューだと思います。

ぜひ、お近くにロイヤルホストがお有りの方、騙されたと思ってコスモドリアを!

ちなみに私は、せっかくほんわり甘い優しい味だというのに、二口目くらいからタバスコを大量投入(笑)
甘さを否定する辛さで、ヒィヒィ言いながら平らげております。

この秋、何度食べてしまうだろう。
コスモドリア。
小さい秋見つけた。
それはコスモドリア…
誰かさんが見つけた…
それもコスモドリア
呼んでる口笛モズの声〜
それもコスモドリア…
もうええっちゅうねん!

アディオーッス!

- | permalink | comments(0) | - | - | - |

さて、読書の秋

2016-10-07 14-01-12.jpg
食べ物の話題ばかりを連投しておりましたので、本のネタもそろそろ投入いたします。

なんて、初回のネタとしては重い内容なのですが…

この〈輸血拒否事件〉、覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
当時私は小学生でした。
当事者の男の子と同年代だったので、物凄い衝撃を受けたんですよね。いまだによく覚えています。

ご存知ない方に概要を簡単にご説明しますと、つまりは宗教上の“信仰心”の問題です。

「エホバの証人」というキリスト教系の団体に帰依する家族がいて、そこの息子さんが事故に遭われたと。
当然ながら普通は病院にかつぎこまれた後、輸血をする流れになりますが、エホバの証人では教義として輸血を禁じていた為に、両親が輸血を拒否。病院側の説得にも応じず、結果として息子さんは亡くなられた、という事件でした。

ちなみにこの方を書いていらっしゃる方は、実際に昔エホバにいらした方です。ただ途中で離脱。(退会というのでしょうか)その後、この事件を知り、再びエホバへの取材を試み、 “信仰とはなにか?”
という根源的な問いについて、読者に考えを投げかけています。

私自身は無宗教です。
ですので、お寺にも神社にも行き、神頼みをしたり、おみくじを引いたり初詣に行ったりしています。
海外に行けば、美しいキリスト教の教会に入り畏怖の念に駆られ、クリスマスも毎年楽しみにしています。
私のような日本人は、割合として多いのではないでしょうか。

しかし、今世界は不寛容な時代です。
宗教観の違いで、壮絶な争いが起きたり、大きな溝が出来たりしています。
当たり前ですが、“他者に対する理解”が重要になってきます。

自分にはわからないから、と排他的になったり排斥しようとするのではなく、“色々な考え方の人がいる”
と、それぞれの思想や信仰を尊重する。
そうすれば、こんな文化的に進化した時代に、ここまで血まみれで不穏な宗教戦争を繰り広げる事には至らなかったのではないか…
そう思うのですが…

所詮それも綺麗事なのかと。
信仰心というのはそんな簡単な物差しでは語れないものなのかと。

これを読んで、益々暗澹たる気持ちになりました。
でも、逆に宗教の重要性についても深く考えさせられる、いいキッカケにもなりました。

かなり重いテーマで、きっとどなたも簡単には答えが出ないかと思いますが、こんな時代だからこそ、読んで考える意義があると思います。

柄にもなく、真面目な終わり方ですが…
次回は楽しい食べ物の話題を…
(笑)

アディオーッス!!
- | permalink | comments(0) | - | - | - |

甘いミミズクちゃん

2016-08-11 15-29-39.jpg
“すごいデコケーキの腕前を持つケーキ屋さんがあるのです”

友人からそんな話を聞いて、たいして期待もせず行ってみたら、す、す、す、すごい!!センスがいい!

“パンダちゃ〜ん”“うさちゃ〜ん”
“森のクマしゃ〜ん”
みたいな、いわゆる「女子供が喜ぶだろう」系のゆる甘スイーツだろうと、たいした期待もせずに足を向けたのですが、…

コイツに睨まれました!
この方、コノハミミズクですね。
耳ありますもんね。アーモンドの。

すごいリアルなんだけど、ちゃんと可愛さも共存。
これ、男性も買いやすいかもしれません…
お土産、差し入れ…女子は大騒ぎですぞ〜(笑)

ちなみにケーキを作っているのは“パティスリースワローテイル”さん。
実は、池袋の乙女ロード近くにある執事カフェと経営母体が一緒。
昔から、アニメとスイーツをコラボさせる店として有名だったそうです。

納得。
道理でディテールが素晴らしいと思いました。アニメなどを扱うのであれば、細密な作業に秀でていらっしゃる筈です。

ちなみに、現在は店舗を持たずに、東急ハンズや丸井などに期間限定で出店するスタイルを取られています。
夏休みをはじめとする、季節のイベントには、必ずハイクオリティな面白い企画をやってくれるみたいですので、クリスマスあたりを楽しみにしたいと思っております。

それにしても、食べるのが勿体無い…。クチバシでザクっと指を突かれそうな迫力ですっ。
食べずに育ててみようかな…
なんちゃって。

アディオーッス!

- | permalink | comments(0) | - | - | - |

マーライオンってなんなのか

2016-09-14 13-00-44.jpg
友人からシンガポール土産を貰いました。
4マーライオン入ってます。なんだか可愛いので、並べて見ていましたら、マーライオンが気になり出したので調べてみました。
以下、ご興味ある方はどうぞ。

《もともとシンガポールは小さな漁村しかない島でしたが、14世紀にスリヴィジャヤの王子がライオンに似た動物に導かれこの地を訪れたという言い伝えから、ライオンの町(サンスクリット語で 「singha=ライオン」と「pura=町」)と呼ばれるようになりました。

そして20世紀にマレーシアから分離独立。その時に“シンガポールの象徴を作ろう”という運動が起こり、建国伝説に由来する“ライオン”を頭に、国際海洋交易拠点であることを示す“魚”を下半身に配した、ライオンのマーメード「マーライオン」が作られました。

ちなみに現在のマーライオンは観光用につくられた2代目で、“世界三大がっかり”と称された初代はひっそりその後ろで水を吐いてます。
実は小さい方が親なのはあまり知られていません。》

だそうです!(笑)
マーライオン→世界三大がっかり
これはもう世界の共通認識ですもんね。でも逆に見てみたい気になりますから、不名誉ながらも、ある意味いい宣伝になっている気もします。

さて、マーライオンといえばです。
そういえば数年前に世界的なアートイベント“ビエンナーレ”の目玉として、“マーライオンと添い寝が出来る”
というコンセプトで、日本人アーティストが宿泊型の作品を展示している、というニュースを見た事を思い出しました。

マーライオンと添い寝。

つまり、マーライオンの周りに部屋を作ったという事だったと記憶しています。頭(ライオン)の部分が部屋の半分くらいを占めていて、かなりすごい絵面でした…(笑)
でも、その時に
“意外とデカイな!”と思ったんですよね。やはりいつかは、実物、実寸を見てみないとです。

そんなマーライオン情報を検索している内に…
あら!気づけば4匹いたはずが、残り1マーライオンに!!
おかしい。そんな食べた記憶がないので、もしかしたらキッチンかトイレで水を飲んで…いや、吐いているのかも知れませんね。
うん、見てこよう。

アディオーッス!


- | permalink | comments(0) | - | - | - |

せっかくなので出来上がりラフティー

2016-09-11 12-39-20.jpg
煮卵がまた美味しいんですよね〜
ゴハンが止まらないヤツです。

- | permalink | comments(0) | - | - | - |
PR
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
サルメホームページ絶賛公開中!
スシガール編
すしざんまいTVCM 30秒バージョン
スシガール編
すしざんまいTVCM「スシガール」編
みんなで編
すしざんまいTVCM「みんなで」編
サルメ インフォメーション!

salme_jkt

サルメ新作DVD
『BEAUTY & GHOST?美女と亡霊』
絶賛発売中!
サルメの出張お座敷レビュー!!
『That's 宅配エンターテイメント サルメの出張お座敷レビュー!!』あなたの街にサルメがやってくる!小さな宴会、大きなパーティー等、各プランございます。まずはご相談ください。サルメホームページの『お問い合わせ』またはinfo@salme.infoよりご連絡ください。
MOBILE
qrcode